2016/08/17 18:16:17 |

私には離婚歴が2度あります。
正直もう結婚なんて懲り懲りだなと感じています。
でも女性として見られたいし、恋愛もしたいと思っています。
やはりそれは女性として生きていく上でもっとも女性を輝かせて見せてくれる事だと思うからです。
もう結婚なんてという時に不倫=愛人関係は楽でいいです。
結婚という事を意識せずにお付き合いをする事が出来るからです。
相手にも家庭があるのでそれを飛び越えてまでは危険をおかそうとは相手もしないので
気楽な気持ちでいられます。
反面では寂しい気持ちになったりする時も多少はありますが毎日一緒は面倒なのでこのくらいの関係が一番いいのかなと思う様にしています。
自分の時間も欲しいのであまり恋愛に振り回されてしまい泣いているという事もなく済んでいます。それよりもまた会えた時の楽しみを考える様にしています。

 

私の相手は大手企業に勤めている方なので、お金もたくさん持っているせいか会った時にはたくさん贅沢させてもらっていますし、おこづかいも毎月いただいています。
生活面、交際面、色々な意味で助けてもらっています。
彼と会うとホテルばかりではなく、食事だったり、ドライブだったりと楽しい事もたくさんあります。愛人っていうと日陰の身で表だったところへは出掛けられないイメージもあると思いますが、私たちの場合は違います。
関東近郊に暮らしていますが、都内へは何かと良く出かけますし、先日は温泉旅行にも連れて行ってもらいました。
愛人、愛する人と書きますよね。本当に一緒にいる時間が毎月わずかでもあるのならば
愛する人といられるその時間を満喫しようと思います。
私と会っている時は、彼は私だけのもの。彼に抱かれている時が何よりも幸せな時間ですし、この幸せな時間が続くなら私は一生愛人でかまいません。

2016/08/03 16:13:03 |

20代前半の頃キャバクラで働いていた時に、パパがいました。社長さんで年齢は40代後半ぐらいです。でも見た目がとても若々しく、嫌な感じがしなかったので、愛人にならないかと言われて軽く返事をしました。その時はお客さんの一人でしたし、良い人だと思ったので愛人になっても良いかなぁと思ったのです。今だったらありえませんが、とても軽い気持ちでした。

 

愛人としての条件は、他の男性と付き合わないこと、いつも彼を優先すること、月に三回ほどのデートなどです。会えば高級なお店へ連れて行ってもらえますし、よくプレゼントをもらいました。しかも私では払えないようなマンションまで・・・。とても楽しかったです。恋愛感情はありませんでした。割り切ったお付き合いです。きっと彼には他にも愛人がいたと思いますが、全然気にしませんでした。

 

会いたいと言われて会って、その日を楽しむ・・とてもシンプルです。愛人ってこんな感じが長く続くんじゃないかなと思います。でも愛人になって1年ぐらいで私から愛人関係をやめました。キャバクラの仕事が嫌になったのです。人間関係でゴタゴタしてしまい、そのお店にいたくなくなったので、やめました。昼間に仕事をすることになるので、もうパパという存在は不要だと思いました。

 

とても貴重な体験をしたと思っています。

 

今でも、たまにパパが欲しいと思うようなことはあります。
今の時代なら、簡単にパパが見つけられますから。
例えば、こんなサイトで。
愛人契約・愛人募集が行われている3つの掲示板とは?

2016/07/31 14:54:31 | SCH

芸能人の中には橋本マナミさんや壇蜜さんといった男性が愛人にしたい女性が多々おりますが、そもそも愛人って一体どんな存在なのでしょう。
一般的な方の多くは「愛人」と言うワードを聞くと体の関係がある女性と思うはずです。
結婚している人が女性の為に部屋を借りたり、衣食住全ての面倒を観たりするような存在となり、男の人が通い夫的な関係となると思われます。
奥さんが居るのに別に女性を作りそこに通うなんて奥さんからしたら「私と言う存在は一体なんなんだろう」と疑問符を持たれてしまうと思います。
男の人にしてみたら奥さんにはない若さであったり魅力を感じて愛人という関係を持っていると思いますが、この関係って一体いつまで続くのでしょうか。
衣食住の面倒を観ている関係であれば、当然男の人の財力が尽きるまでかと思われます。
愛人関係をもっている間は地位や財力があり、そういった事も可能なのでしょうがその全てを失った時でも愛人になっている人はまだ関係を続けてくれるのか解らないです。
恐らく、ゴミの様に捨てられる運命となるはずです。
共に恋愛感情をもっている場合だと、奥さんと離婚してまで愛人と生きていくのでしょうか。
それもほぼ無いに等しいと思われます。
よくテレビでは「妻とは離婚するから」と定番のセリフを耳にしますが、ほとんどが奥さんとは離婚せず愛人と別れる決断をしています。
愛人を持っている方は羨ましく思えますが、バレないよう気を使うのも大変そうに感じます。

2016/07/29 14:02:29 |

以前本で読んだのですが、愛人関係というのはお互いにいい所だけを見せ合う都合の良い関係...ということでした。家庭生活というのは、はっきり言ってあまり美しいと言えるものではありません。毎日ゴミは出るし、家は散らかります。小さなことで口喧嘩にもなります。そういう雑多なことを見せずに済むのが愛人関係なのです。生活臭が薄い関係です。家に帰れば生活に家計簿をつける奥さんが待っていて、男性はきっとうんざりするのでしょう。
たいていの愛人女性は、早く奥さんと別れてくれと言います。男性としても、愛人女性と新しく暮らせたらどんなに楽しかろうと考えます。この時は、男性はバラ色の新婚生活を想像するのです。しかし、本当にもし奥さんと別れて愛人女性と結婚したらバラ色なのか...よく考えた方が良さそうです。
よほど今の奥さんに問題がない限りは、今より大変な暮らしになる確率が高いです。愛人女性は、金銭面でルーズで欲張りな人が多いです。お金がどんどん出ていきます。外で会う分には楽しかったかもしれませんが、いざ一緒に暮らすと家事が出来ない、やりたくないので、家の中は荒れ放題になっていきます。男性の方も家事は嫌いなので、外食ばかりになり、体調がだんだんとおかしくなっていきます。ここで、元奥さんが見えないところで家を心地よく整えてくれていたことに気がつきます。
今愛人のいる男性には、家事を頑張っている奥さんのことをもう一度落ち着いて見つめなおしていただきたいと思います。

2016/07/28 16:09:28 |

小さな会社を経営している45歳の男性です。
タイトルにはそう書きましたが、実際は逆で、愛人への「お手当」を会社の経費で出すために、従業員として入社させ、給料としてお手当を払っていたところ、たまたま担当させた経理面で非常に能力を発揮し、本当に純粋に能力だけの評価で経理責任者にしてしまった、というのが実情です。
たまたま、と書きましたが、愛人が経理責任者になると非常に愛人関係も継続しやすいですし、また会社の経理の仕事もやりやすいです。
まず愛人関係ですが、よくある通り、経理責任者であると同時に秘書的な仕事もさせているので、出張にはいつも一緒に行きます。一応伝票が残るので、ホテルなどの部屋はべつに取りますが、実際は私の部屋をダブルにして、一緒に夜は過ごします。また食事も彼女の食べたい高級なフレンチなどに行って経費で落としています。経理処理は彼女がするので、まったく問題なく通ります。これが、関係を続けちやすい、という面と、経理処理もやりやすい、という面です。
だいたいそういう出張を月に1回入れて、一応は仕事を当然しますが、そのついでに温泉などによってもう1番泊まってきています。
妻ともその愛人である彼女は面識がありますが、非常に賢い女なので、妻と私の前でな「女」を出さず、あくまで1従業員としてふるまっているので、全くばれてはいません。また出張も当然、私1人で行ってることになっているので、妻は疑う余地もないと思います。
今の関係が非常に快適なので、このまま続け、いずれどちらかが嫌になったら、退職金を十分に渡して関係を解消しようと思います。